日本に帰ってきてからの何気ない日々の生活を綴ります


by phrikkhiinuu
カレンダー

2007年 12月 08日 ( 1 )

予期せぬ出来事

12月8日  土曜日
午前0時過ぎ、妙高高原へ夫をPick up に行っていました。

 夫は、昨夜、会社の忘年会だったので、車を家に置き電車で通勤した。
22時頃、これから最終長野発直江津行き(信越線)に乗るから迎え頼むと電話があったので、時間を見計らって駅へ行って待っていた。
田舎の小さな駅に、こんなに人が降りるんだなあ・・と思いながら。
さっさと降りてくるはずなのに、改札口を見ても夫の姿が無い。降り立った人たちは、あっという間に帰って行った。

 電車の中からの電話だったので乗っていたのは確かのはず。外の気温は1℃。
電車の中の暖かさと酔いで寝過ごしてしまったか・・それとも、(これが、私の恐れていることなんだけど)アルコールの取り過ぎで、低血糖状態になって倒れたのではないか・・。
なんど電話してもつながらないので焦ってきた。

 連絡を待ち、電話も入れつつ、いったん家に帰ってどうしたものかと考えながら、コートCoat)を準備していつでも出られるようにし、地図を開いているところへ携帯電話が鳴った。
「どこにいるの?」「寝過ごして、今、妙高高原駅にいる。駅のまわりなにもないよ」なんって
のんびりしたものだ。腹が立ったけど、生きていると思っただけで安心した。

 地図をさっと見て車で新潟方面へと急いだ。国道18号線の暗くて運転しづらいこと。
寒い中で震えているかと思うとスピードを出したいが出せない歯痒さ、道路が見づらいので目を皿のように見開いて集中して運転しなければならない。
無事、夫を国道沿いのコンビニの中にいるのを発見。(笑)「あったか~い」と車に入って来た。元気に帰れて、忘年会も楽しかったということだったので、まっ、いいでしょう。
[PR]
by phrikkhiinuu | 2007-12-08 14:51 | 日誌